走るための自転車、ロードバイクについて

ロードバイク画像

ロードバイクというものをご存知でしょうか?

ロードバイクとは、舗装された道を高速で走ることができるように作られた自転車のことです。
90年代ごろまではロードレーサーと呼ばれていました。

最近できたものと思われがちですが、原型ができたのは1900年ごろと言われています。
自転車の中では最も軽量化が進んでいて、中にはなんと6kgにも満たないものもあるとされています。
ただし、レースでは強度上の安全のために重量制限を設けている場合があります。
部活の合宿などにも持って行けるので、脚力増加のための長距離サイクリングなどにも最適です。

さて、このロードバイクの特徴ですが、なんといっても特徴的なのはそのハンドルの形状です。
これは、ドロップハンドルと呼ばれているものです。

次に、高速で走ることを重視しているため、基本的に泥除けやスタンドなどを装備していません。
また、安全のためサイクリング用のヘルメットを着用して走ります。

次にタイヤですが、溝が浅くて少ない幅の狭いものがほとんどです。
これは走行抵抗の減少のためです。

そして、フレームは軽量なカーボンフレームが主体で、廉価なアルミフレームも普及しています。
また昔ながらのクロモリフレームも健在です。

皆さんもロードバイクに乗って風を感じてみてはいかがでしょうか。
ちょっと遠出して、自然豊かな土地で自転車仲間と合宿をするのも楽しいですよ。

自転車部ほか、千葉県外房の合宿先を探すならここから
千葉県外房でさわやかな風を感じながらの自転車合宿はいかが?スポーツ合宿の合宿先探しにおすすめサイトです。
http://www.tabiplan.co.jp/area/eria07_b.htm

千葉県サイクリング協会公式Facebook
千葉県サイクリング協会公式Facebookはイベントや季節の情報いっぱいです
https://ja-jp.facebook.com/ChibaCyclingAssociation

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ